Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

セカンドライフ

Share on LinkedIn
Pocket

セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide

いろいろ新しい技術やサービスを研究してる部署の方に今更ながらセカンドライフのデモを見せてもらった。

ちなみにkote2的にはと言うと、セカンドライフが騒がれ始めた頃にやってみたのだけど、目的がよく分からず、しかも操作を覚える敷居も高かった、さらにはキャラが空に向かって延々と走って宇宙まで行きそうな感じで操作不能になってしまった事により(多分バグ。ちなみにこの時脳内でかかってた曲は銀河鉄道999)、結局「つまんね」、のレッテルを一度貼ったんですが、改めて使いこなしている人のデモを見てみると、それなりに楽しめるものではあるとも思った。

セカンドライフの世界では会社名島があるのだが、そこの土地にユーザーが自由に建物建てたりしていました。盛り上がってた時期は沢山のオブジェがあったらしいけど、今は閑散としていたw

んでも、海に囲まれているので、例えば綺麗な景色の見えるところに展望台を作ったり、麦畑を作ったり、おしゃれな家具を作って販売したりと、何でもできる仮想世界は味わえた。まさにセカンドライフ。

実際この仮想世界で彼氏や彼女を作ったり、さらには結婚したりもできるらしく、それが「目的?」なのかどうかは知らないけど、現実でできる事はここでもできるらしいです。

3D描写はキャラ以外はなかなかのもの。(キャラはアメリカのゲームのパッケージイラストにあるような筋肉ムキムキのリアルキャラなのでキモイ)時間の設定を変えられて、例えば夕方にして夕日の見える海景色にすると、結構綺麗だったりする。操作を教えていただいた方いわく、「お台場の実際の夕日を見たらセカンドライフっぽいと思った」とのこと(笑)

3Dのオブジェはスクリプトで制御できるらしく、例えばユラユラ動くチェアなど、バネ運動の動きをスクリプトで書いてあったりする。それを売ったりできるので、人によってはそれらを売ることにより月10万くらいは稼いでるらしいです。

ただ、スクリプト書ける様になるまでの道のりはおそらく長く、3Dソフト並みの機能を使いこなさなければならず、結構敷居が高いので、やはりそこを何とかしないと流行らないだろうなとも思った。敷居が高いならよっぽど興味を持たれるものじゃないと研究しようとはしないし。

あと、よく分からないのだが、ネトゲでも多分同じ事ができると思うのだが、それとセカンドライフとどう違うのかも謎。実際のお金が稼げるだけ?

こてつ的には、と言うか日本人的にはドラクエオンラインが出る事を熱望してると思うが、アライアンスは無理なんだろうか?

Share on LinkedIn
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments