Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

蚊に刺された時の対処法

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

って言うか蚊の季節ですね。
人間にとって蚊ほどウザい生き物はいないと思うのですが、蚊って結構凄いんですよ。1億7千万年前からいたみたいだし。1秒間に520回以上羽ばたく(高橋名人の32.5倍)とか、人間業じゃないし。

特に寝ようとしてる時いると最もウザいですね。ザキとかレベル5デスとか使えたら使いたいくらいなんですが、もし、蚊に刺されてしまったらどう対処すればすぐに痒みが治まるか書いてありました。

蚊に刺されてカイカイなとき 続・妄想的日常
http://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-6746.html

蚊は血液を吸うときに自分の唾液を注入してくるんですが、こいつが痒みの元で、この成分はタンパク質など生理活性物質が含まれているそうです。

なんで痒くなるかというと、いわゆるアレルギー反応で、血管が拡張し、痒みを伴うらしい。

ただ、タンパク質は卵の白身の主成分であり熱に弱く、刺されたところにタバコの火を近づける方法も納得。熱めのお湯でも問題なし。

痒み止めと言えばトーガラシチンキとか入ってるキンカンが有名ですが、これはどちらかと言うと化学反応を起こして蚊の唾液を中和させ、さらに冷却効果で血管拡張を押さえるので痒みがとまる仕組みになっています。

爪で×を作るという方法がありますが、一時的に血を止めるので実は余計血液が集まってきてしまうので逆効果です。

あと、蚊は血液を吸い終わると、自分の唾液も吸い取るので、完全に吸わせるとあまり痒みを伴わないらしいです。素人にはお勧めできませんが。

あと、腕など蚊に刺されたときに力を入れて筋肉を凝縮させると、蚊の針が抜けなくなり飛びたてなくという話がありますが、ぶちゃけ筋肉を入れ始めたときに飛び立たれてしまうのが関の山で、マリオカートで言えば青甲羅をかわすぐらいの確立です。成功したらかなりレアな経験なので履歴書に書けると思う。

あれ、何の話してたっけ?

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments