Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

ルナティックドーンにハマる

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

連休中、自分的にまたやっちまった感がある過ごし方をしてしまったのですが聞いてください。

連休初日って妙にテンションあがるじゃないですか?これから何しようか?とか考えて、アレやってコレやって、今回の連休は有意義に過ごすぞ!みたいな。

連休初日にすさまじく散らかった部屋を片付けて、テレビとPCを繋げていよいよネットライフも楽しくなってきたんですが、なんのきっかけか忘れたけど、昔やっていたルナティックドーンというPCのゲームが超やりたくなって、ちょっと探したらダウンロード販売であったんですよ。

2000円だし、ちょっくらやってみようかなと。で、ダウンロードしたんですが、気が付けば8時間くらいぶっ通しでやってるじゃないですか。

で、このゲーム、まず、世界観を決めるところからスタートします。悪に満ちてるとか善に満ちてるとか、混沌としているとか、秩序に保たれてるとか、武器で戦う人が多いとか魔法使いが多いとか。

そしたら自分の歳とか性別とか誕生日、名前、武士なのか魔法使いなのかいろいろ決めてスタートすると、世界に放たれます。

いろんな都市や村があって、仕事があるのでそこでアイテムの宅配(デリバリ)や買い物(パシリ)、高額な仕事になると討伐や指名手配犯の逮捕などがあります。

お金を沢山稼いでいるうちに武器などを強くしたり、修行したりしていきます。
↓で、今こんな感じ

ちなみに、このゲーム、旅の途中で仲間を見つけることもでき、異性ならば結婚することもできます。結婚するには家を持つことや、魅力値を上げること、高額なリングをプレゼントしたりすると結婚できる確立がぐっと上がります。

その異性の好みかどうかにもよりますが。でも多分、好みとかないと思います。だってwindows95の時代に出てたゲームだしwww

↓ちなみに嫁候補1(死んでます。サーセン)

↓嫁候補2(好みにうるさい)

家は一番豪華なものを建てました。あとは上のどちらかが応えてくれればなのですが。

それはそうと、無事結婚すると子供ができて、その子供も親の属性を引き継ぎ、言ってしまえば永久にプレイできるんですね。学生時代に3世代くらいまでやりましたが、まあその辺で飽きるって事です。

ちなみにこのゲーム、2008年(今年)になんか新しいのが出るみたい。

4Gamer.net ― あのルナティックドーンが復活。アートディンク「LUNATIC DAWN The Book of Eternity」を2008年秋に発売(LUNATIC DAWN The Book of Eternity)

PCゲームで買ったの実はコレくらいなもんなんですよね。それだけに今回出るやつちょっと興味アリ。でも絵調がちょっと・・・。まあいいけど。どんどん萌えになれ。

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments