Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

ダイバーなゲームソフト – AQUANAUT’S HOLIDAY

Share on LinkedIn
Pocket

またまたまたまた衝動買い。どうにかしてくれ。
ひょんな事からPS3のモバイルサイトを見ててAQUANAUT’S HOLIDAYというソフトの紹介があったのだが、普通にコレ、ダイバーなら買うべきと思い即買い。

と言ってもこれはハマる。特に海好き、魚好きなら。

ストーリー的には、あるジャーナリストが主人公で、海洋学者の失踪事件について追ってて南の楽園キシラ環礁に来て現地取材。海洋学者が使っていた潜水艇ドルフィン1号の2台目、ドルフィン2号に乗って、海底を捜索。海洋学者が海底に残した様々なメッセージを辿り、そして最後は・・・みたいな感じです。最後は・・・て言うけど、はじめたばっかりなので最後があるかもわからん。

※まあ詳しくはAQUANAUT’S HOLIDAY公式サイト

最初は取材にいろいろ協力してくれる海洋学者、及びその助手がいるNGO的なところに滞在、潜水艇の使い方とか失踪した海洋学者についての情報をゲット。

ここからが面白くて、いよいよ潜水艇に乗って海底探検。その前にこの潜水艇の機能の説明とか習います。

いよいよ海に出ると、そこはもう見た事ある魚のオンパレードですよ。画質もいいし。

いろんなスポットがあって、例えばこれは沈没船

で、海の中調査していると、いろんな魚に出くわして、それをライブラリに登録できたりする。後々ゆっくり魚を見られます。登録すると、NGOに政府からお金が入り、調査予算にプラスされ、つまりはモノを買えるようになります。レアな魚ほどもらえるお金も高いみたい。

で、ちょっとだけやったけど、やっぱり本物の海と違って残念と思うのは、狭い海域にいろんな魚がいすぎ。いきなりマンタ泳いでギンガメアジが回遊してたりするので。ほんとはこんな大物に出会うのはえらく大変なんだぞと。

うむ、しばらくやってみる。

Share on LinkedIn
Pocket

2 Comments

  • 確かに、いきなりこれだけ大物に会えたら
    ビックリするね。
    この前、美ら海水族館に行った時もそう思ったけど。
    実際に会うのは大変だもんね~。
    今週末も何か起こることをお祈りしてます!

  • ☆ともちゃん
    古代遺跡らしきものの近くに普通にサンマが泳いでたりして、なんか、いいの?それで?みたいな突っ込みどころ満載なゲームですw

    しかしコレ・・・結構ハマる・・・。

    見つけた魚をライブラリで後で詳しく見れるので魚の名前覚えるのに実は最適ツールです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments