Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

ブログってやっぱ日記なんだと思うよ

Share on LinkedIn
Pocket

最近、ブログって結局ナンなんだろうって思うことがあります。ブログを仕事にした事もあって、ちょっと原点に立ち戻ったり。

昔、ブログは日記ではない、みたいなブログの本当の意味を啓蒙していた時期がありましたけど、ぶっちゃけ日記だと思うよ。

ただし、公開日記です。世界中に公開される自分の日記。そして日記を見た人がコメントをつけられる。それがブログ。

第9回 ブログで人生って変わるの? | R25
http://r25.jp/b/report/a/report_details/id/110000006492/part/2

徳力さんいわく日本はブロガーも読者も、ブログを正しい情報を提供する(しなくてはいけない)メディアとしてとらえている人が多いとか。そうではなくてコミュニケーションツールとしてとらえると、もっと気軽にブログと付き合えるのだとか。

そうそう、ブログっていうのは結局道具でしかない。個人的なノートみたいなもんです。そこには自由な事書いていいじゃない。それに、日記とは言うけど、日記じゃない使い方もやろうと思えばできるし。日記だけど、日記と言うルールを上手く使って全く別の使い方をするのも全然アリなんです。

ただ、いろんな人に見られるっていう事は長所でもあり短所でもあるかなぁと。

長所は、書いてあることが魅力的でファンが増えればハッピーです。短所は、書いてあることに賛同できない人にイチャモンをつけられて嫌な思いをする事です。また、人気が出すぎても、更新する事が逆にプレッシャーになり、軽い気持ちではじめたブログがストレスになったりもします。

「公開される」日記なので、日記帳のそれとは違うメリット・デメリットがあるわけです。

使い方や内容次第で人生も変わるんじゃないかと。

Share on LinkedIn
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments