Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

モバイルデザインパターン― ユーザーインタフェースのためのパターン集

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

fladdictの深津さんが監訳をしているということで買ってみた。ちなみに深津さんは自分がFlashでゴリゴリスクリプトを組んでた時代から中村勇吾に続く自分の数少ない尊敬する人物の中の一人。

MM総研によるデータによると

■ 2011年度のスマートフォン出荷台数は2,340万台(前年比2.7倍)
■ 2016年度のスマートフォン出荷台数は3,555万台で総出荷の83.4%を占める

とあるように、急速にスマートフォンが普及する中、アプリやスマホ向けサイトを制作する需要が増えています。

ただ、一般のPCとは違い、スマートフォンは画面の面積は狭い割に出来る事が多く、様々なデザイン、操作法などが模索される反面、まだまだ革新的な立ち位置なのでデザインを設計する段階ではいろいろ新しい事を盛り込もうとしてしまいがちになり、故にひどく使いづらかったり、また設計してる段階でデザイン着手時期近くになっても全く固まらなかったり。既存フューチャーフォンでは制限が多かったのでこういう事は起こらなかった。(デザインしようにも出来なかったが正しいかも)

まえがきにも書いてあるが、この本は「アプリは使いやすさが一番重要」と前置きし、使いにくいアプリはいくら高機能でもダメ、ただし、使いやすいインターフェースを実現するには、心理学、人間工学、美術、プログラミング、そしてその分野のオペレーションや作業フローへの深い造詣などとにかく知識の集合体から答えを導かなければならず、一言で言うと大変。

でも、そんな過程を踏んでデザインしていたのではスピード的にもコスト的にもかかりすぎてビジネスにならないやり方、だったら先人の知恵を借りてパターン化し、俺がまとめて紹介するぜ!みたいにできた本である。使いやすいインターフェースを作るためのデザインパターンが網羅されている。悩む必要があったらこれをそのまま当てはめればいいという優れもの。深津さんありがとう。

flladict
http://fladdict.net/blog/

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments