Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

ルンバ630を買ったのでレビューしてみた

Share on LinkedIn
Pocket

ついに我が家にルンバがやってきた!もうかなり前から欲しかったんですが、やっと手に入れました。と言うことで、レビューしてみようと思います。

掃除からの開放

ルンバの良い点は何と言っても掃除からの開放。実は今ブログを書いている間にもルンバ君はせっせと掃除しています。つまり、掃除の時間がなくなった分好きな事に時間が使えるのが最大のメリットといえるでしょう。

実は周りに持ってる人が沢山いるのですが、いい噂しか聞きません。そんなにいいのか?と思いながら使ってみましたが最高です。

IMG_4972

実際使ってみた感想

まず最初に驚いたのはその操作性。ダンボールから取り出し、ちょっと充電してスイッチオン。これだけ。ほんとに。障害物を片付けるというのはもちろんあるけど、操作がこんなにシンプルだとは思わなかった。自分が買った630はタイマーついてないので、タイマー機能があると時計の設定とかもうちょっと増えるのかも。でもスタートボタン押してあとは勝手にやってくれるというのは素晴らしい。

ルンバに限らずお掃除ロボットは、汚れているところを念入りに掃除してくれます。で、ルンバは結構積極的で、ソファーの下や机の下などぐんぐん入り込みます。電気のコードやPCのケーブルなどはまとめておかないとルンバが引っかっかってしまうようです。コードが複数あるところなどはそこに迷い込み立ち往生したりします。また、コードを引っ掛けたまま進もうとし、コード元の電化製品を倒したり気づけたりする可能性があります。さらには、自分の充電待機所(ホーム)をコードで引っ掛けてひっぱってしまい、位置がずれてうまくホームに帰ってこれないとかもありました。コードなどはまとめておくか、付属のバーチャルウォールで行かないようにしてあげるのがいいようです。バーチャルウォールも電池を使うので、ゴミ箱なんかを行ってほしくないところに一時的に置いておけばいいかと。きちんと避けてくれました。

IMG_4973

段差があるとろはセンサーできちっと止まり方向転換します。

test

階段手前でちゃんと止まる

カーペットの上はちゃんと登ってくれるかなーと思ったらズカズカ登って来ました(笑)2センチくらいの毛の長さがあるカーペットですが、回転ブラシも動きがよく、掃除してる感があります。

あああ

このくらいのカーペットなら乗り越えていきます

まさかそこ行くのか?と思ったらお構いなしに入り込む。

あああ

ソファーの下に入り込むルンバ

あああ

帰ってきた

というわけで、初日からいい働きをしてくれるルンバ。「神」と名付けてもいいくらいです。

ちなみに他のお掃除ロボットの違いを店員さんが教えてくれた

で、最初に電器屋に行った時はルンバ目的で行きましたが、店員さんが他のメーカーとの違いを丁寧に教えてくれました。

iRobot(ルンバ)
一番売れてる。大ヒット商品。ルンバでお掃除ロボットの認知が広まった。掃除のやり方は中心から回転するように進んでいく形式。同じ場所を平均4回掃除するという。前面にバンパーが付いていて、障害物に軽く当たりながら方向を変えて進む。ソファーの下、割と厚手のカーペットの上なんかも積極的にぐんぐん突き進む。商品のバリエーションも多く、タイマー機能とかホームに戻ってくる機能とかついていないものは安く買える。

東芝(スマーボ)
お掃除ロボットを一番初めに製造・販売したのは実はこの東芝ということらしい。ただ全く売れなかったらしい。掃除のやり方は一方向に進んで途中まで行ったら、ちょっと横に動いて折り返してくる(小学校の時の乾拭きみたいな感じ?)に進む。センサーで障害物を感知し手前ですっと止まるので、ルンバのようにぶつからない。また、吸引して掃除するのではなく、真ん中のゴミ庫にかき集めるのだとか。そのため背面の排出がなく、音も静かでホコリをまきあげない。ただ、ルンバのように積極的に進まないので掃除残りがあるとか。

シャープ(COCOROBO)
多機能なココロボ。多機能すぎて要らない機能(プラズマ何とかとかね)も多いけどロボット掃除機の中では最強で掃除力も一番だとか。掃除のやり方はルンバに近く吸引式。ただしセンサーがついてるので障害物にはぶつからない。値段的にはルンバよりも高いイメージだったが実は安い(5万を切る)のも販売されている)お掃除モードも多く、壁際モードとかスポットモードとかあるらしい。自分は操作が増えるのでいらない気がした。

お掃除ロボットというジャンルでも結構違いがある。吸引タイプのルンバとcocorobo、スマーボのかき集めタイプだと音とホコリ巻き上げに大きな違いがある。でもルンバは安いものは3万代で買える。COCOROBOは少々惹かれたけど、やっぱり要らない機能がついてそれがお値段にプラスされるのでめでたくルンバにしました。

なぜかルンバのために片付けるようになる

これは買った人はみんな言いますが、ルンバが掃除しやすいように物を片付ける習慣ができます。(自分はまだ買ったばかりなので習慣というと嘘になりますがw)少なくとも買ってからは出したらしまうをより一層意識するようにはなってる。そうしないとルンバが力を発揮できないのでぜひとも習慣づけたいと思います。

で、ルンバだけでいいのか?

ルンバを使っていると、他に掃除機はいらないのか?ということですが、やはりサブ機は必要です。ルンバの丸みのある形状上、やはり部屋の角はゴミが残りました。また、段差は超えられないので、階段掃除には掃除機が必要でしょう。メインはルンバがやってくれるので、ハンディタイプの掃除機でいいかもしれません。kote2的にはダイソンのコレがあると、もう最強だと思っています。

Share on LinkedIn
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments