Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Article

ウィルス性胃腸炎にかかってました

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N811_toridashitajyouzai-thumb-1000xauto-14638
先週の話ですがウィルス性胃腸炎にかかってました。3日ほど会社を休んで回復しましたが、インフルよりつらい経験だったので一応体験記として残しておきます。

1日目-前兆

夜中3時頃目が覚め、体中が痛かったのですが、普段ソファーで寝ているので、姿勢悪く寝ていたせいでと思ってそのまま気にせず寝たら朝は何ともなかったので普通に出勤しました。ただ、夕方頃から体の妙な怠さがあり、早めに帰って寝ればいいかと思ってました。

2日目-発症

朝起きたら身体は怠くて、明らかに体調がおかしい。熱がありそうなので測ってみたら39度。咳や鼻水と言った風邪の症状はなかったため、単なる風邪とは違う状況に気づきました。体中が痛く流石に辛いので会社にお休みの連絡。その日打ち合わせがあったので、リスケのご連絡などをしそのまま少し寝る。医者に行くため起きたら寒気が凄い。熱を測ったら40度になってました。また腹痛もひどくなってきました。

意識が朦朧とする中で食料もなかったため医者に行くついでに買い出しに行こうと外に出ました。医者の問診などでやたらお腹の調子などを聞かれる。結果、診断で「ウィルス性胃腸炎」の疑いと言われました。

ウィルス性胃腸炎は感染者から伝染るか、生物などにウィルスが含まれてそれを食べてしまうと発症する病気で、前日の食事などを聞かれたりしました。そこでハッと思ったのが、週末に生きたうにが送られてきて、新鮮なうちに食べず、1日置いてしまってから食べたのです。今となってはそれが原因かわかりませんが、恐らくそれかなーと。

医者には脱水症状に気をつけろと言われました。下痢で水分をとってもすぐに体外に出されてしまうのでこまめに水分を取るということ。また塩分の摂取もと言う事でスポーツドリンク、またはスープなどの摂取をするよう言われました。水分は飲んでもすぐにピーピーなので結構辛かったです。お麩などスポンジ状のものを摂取すれば身体にとどまってくれるかとか考えましたけどまた買いに外に出るのが億劫なのでやめました。

とにかく寒気がひどく夜はなかなか寝られず。勢い余ってお風呂に入る。ところが全く身体が温まらず。あまり長く入ると余計悪くなりそうなので早めに出て厚着して寝る。

3日目-過渡期

熱は39度弱。あまり下がっていません。でも食欲はある。あるけど食べるとお腹が痛くなる。ウィルス性胃腸炎と言うのは「胃腸の風邪」と言うらしく、特効薬はなく、早く治したければ胃腸を休めるというものらしい。wikiで調べたら絶食が良いという情報もあったが、食欲はあるのでお粥やスープなどの胃に優しものを摂取。摂取するも1分後にトイレに駆け込む。吐き気がない&食欲があるのは症状としては珍しい部類らしい。

4日目-落ち着期

金曜になって、熱も38度弱になってました。会社も行けないことはないけど、相変わらず水を飲んだだけで腹痛になる状況なのでこの日もお休み。熱の苦しさよりも腹痛の苦しさのほうが辛くなってきた。医者にもらった薬も今日で切れる。熱は下がってきたけどお腹はあまり治ってない。大丈夫なのか?週末で回復するのか?不安がよぎる。

5日目-収束

土曜になって熱は平常に戻る。お腹の調子は依然良くないが、前よりはちょっと良くなってきた。今日一日休めば完璧に収まるだろうと。

6日目-復活

復活。まだちょっと胃腸の調子はおかしい。ただ直に治りそうではあった。

てなわけで、月曜には無事出社できたけど、回復までかなり時間を要しました。気温も高くなり暑い季節、生物には注意ですね。。

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Favorite Post

Recent Comments