Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Category: Food

「おいしい」を統計学的に表現するとどうなるのか考えてみた

「おいしい」を統計学的に表現するとどうなるのか考えてみた。 まず「おいしい」という判断は、非常に曖昧なので仮説として10人に食べてもらって10人が「おいしい」と感じたら「おいしい」と評価する。 しかしながらこの仮説には問題がある。人によって「おいしい」はバラつきがあるからだ。 もう少し話を具体的にしよう。 お肉はどのくらい焼けばおいしいのか。いや、「おいしい」をどのように数値化して、どのような値が10人食べて10人が「おいしい」というのか。「おいしい」「うまい」「最高」「やべぇ」など褒めてると思わしき言葉は同意語とする。 まず肉の分類だ。肉には国産、外国産、また種類を挙げればきりがない。種類が同じでも成長過程や出荷年月、いわゆる生まれて育っていつ屠殺するかによって変わってくる。条件が必要だ。 調理法はどうだろう。おいしいとされているのは炭火焼き?ただフライパンで焼いてもおいしい肉はないとは言い切れない。蒸しても煮ても揚げても、生のまま食べても良い。ということは調理法という条件も加えなければならない。 次に、例えば炭火で焼くとする。味は塩コショウのみ。焼き肉のタレなどつけてしまえば「この

渋谷の煉瓦ステーキに行ってきた

渋谷の煉瓦ステーキ屋に行ってきました。どういうお店かと言うと、6kg程の肉の塊を特注の煉瓦窯で焼いて提供してくれるというお店です。6kgというボリュームなので一日分のお客さんに提供する量を想定しているのですが、ここでは焼き時間に定刻を設けており、訪れる時間によってコースの料理の順番が変わるシステムを取っています。まあ詳しくはHPをご覧あれ。 炉窯ステーキ 煉瓦 http://renga-shibuya.com/

予約2年待ちの蕎麦屋に行ってきた

私の記憶が確かなら、駒込にある「そば工房 玉江」に予約を入れました。約2年前の事です。その時2年待ちですと言われたので。「2年後にご連絡しますので、それから詳しい日時を決めさせていただきます」とのことです。来年2月で丸2年です。伝説の蕎麦屋と言われるこの店からそろそろ連絡が来るかもしれないので、興味ありそうな方を招待いたします。日時はこれから決めますが。

参鶏湯(サムゲタン)を作ってみた

今月の「東北食べる通信」は会津伝統野菜として、小菊南瓜と高麗人参の選択制だった。どっちがいいか選択してくれというメールがスパムに埋もれてて見逃してしまって高麗人蔘になってしまったのだが、まあ南瓜よりも高麗人蔘の方が食べる機会がないので結果オーライ。Facebookで何作るかボヤいたところ参鶏湯というご意見が出たので作ってみた。

ラーメンどん(日吉の二郎系)

By: umstwit この投稿を「ダイエット」カテゴリに入れるのもどうかと思ったが。。まあいいや。食べたいときは食べるのだ。(その代り事前に運動ね) 東急東横線の日吉駅周辺は慶応義塾大学があるという事で学生街なのでがっつり系のラーメン屋がほんと多い。

麺屋武蔵(新宿)の冷メニュー「宮崎風冷やし汁つけ麺」

No image
久しぶり麺屋武蔵。最近ココイチのの冷たいカレーを試食したが今回は武蔵の冷メニューの宮崎風冷やし汁つけ麺を試食。ここのつけ麺は麺の量が多いけど、このメニューだとスルスル入ってしまう。麺は鰹だしの冷えたやつに浸かってて麺食べたらスープ割に使う。ミョウガの切り刻んだやつが乗ってて香りに驚かされる。 麺屋武蔵 新宿本店 めんやむさし – 新宿/ラーメン http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13001013/

Favorite Post

Recent Comments