Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Category: cooking

open source foodしてみた

No image
kote2 on Open Source Food / Cooking, Recipes & Food Photos http://www.opensourcefood.com/people/kote2 今まで作った料理を世界中の人と共有しようと目論み、オープンソースフードにレシピをいくつかアップ。 日本版のオープンソースフード、cookpadにもカルボナーラのレシピを提供。と言うか、ためしにアップしてみただけ。 ちなみに英語部分は超テキトー。しかも、「材料」のとこに「前フリ」書いてるし、オレ。材料書けよって話だよね。 英語よく分かってない日本人と思って許してくれると思う。でもfuckとか言われたら書き直そう。

サバ塩

No image
肉もいいけど魚も食べたいので、今日はサバ塩の夕食。青魚の塩焼きは非常にご飯が進むので、1合は食えますw 付け合せはエリンギのバター焼き 大根おろしとすだちがベスト(すだちは今日はないのでレモン汁で)

べーぐるのお返し

No image
先週ぐるぐるべーぐるに行ってきた時、しみまゆさんにお土産べーぐるを買って行ったら、お返しにべーぐるをいただいた。 MARUICHI BAGELっていう、なんでもベーグルのお店ではかなり有名なお店のべーぐるです。そして全然知らないオレ。 そんなに有名なべーぐるならそのまま食べるのはもったいないと思い、「ベーグル 食べ方」でググったら教えてgooがひっかかりいろんな食べ方が出ていた。 おいしいベーグルの食べ方 – 教えて!goo ひとまずクリームチーズと一緒に食べるのがいいらしい。あと、むきむきしたエビとか。ただ、今ある材料だとトマトしかなかったので、サルサのようなものもこしらえた。 湯剥きしたトマトを刻んで、ニンニクおろし少々、白ワイン、オリーブオイル、昆布茶少々、塩コショウ等入れて混ぜ混ぜ。 こんな感じでいただきます べーぐるは軽くレンジでチンするんですが、温まるといい香りが立ち込めます。で、食べてみるともちもちな食感でこれは・・・んまーーーいい!! うむむ、べーぐるってこんなにおいしいものだったんだな。 って食べながらブログ更新してまふ。んがんん。

ボンゴレ・ビアンコを作ってみた

No image
アサリが手に入ったので食べたかったボンゴレ・ビアンコを作ってみた。ちなみに、ボンゴレというのはアサリのことで、ビアンコは白ワイン。ボンゴレ・ロッソというパスタもあるけど、これは赤ワインを使うトマトベースのパスタの事です。 今回の材料、実家にいたときは庭で育ててたイタリアンパセリを使ってました。 アサリは海水と同じ濃さの塩水で1時間くらい砂抜きをして、殻の汚れを取り、白ワインとニンニクで5分くらい蒸して下味をつけます。その後、一部アサリの実を外して別皿に分けておきます。 フライパンにバターとオリーブオイル、ニンニクを入れ、白ワインを大さじ3杯ほど入れて、茹で上がったパスタを入れます。味付けは塩コショウ。 最後にパセリのみじん切りを絡めて完成。 パスタの調味料と言えばタバスコですが、このボンゴレ・ビアンコには辛いオイルが合います。ただ、この辛いオイル(名前分からない)普通の店にはあまり見かけない。自分で作るには、オリーブオイルのほかに、唐辛子が必要ですが、そのまま漬けただけでは赤い色が出ないので、ウォッカに漬けておくんだそうです。今度やってみよう。

ホッケってマジうまくね?ハム!ハフハフ!ハフ!的に

No image
GWに潮干狩りに行ったという同僚がいて、そう言えばアサリって一人暮らししてから食べてないよな~と気づき急に食べたくなったこてですが、週末ボンゴレ・ビアンコを作ろうと会社帰りにヨーカドーに寄った所アサリが売り切れ(;´Д`) しょうがないので適当に魚介売り場ウロウロしていたらホッケがうまそうだったので思わず買ってしまった。肉じゃない夕食久しぶりです。おかずはシンプルすぎですがw やっぱ和食いいわ。こう、焼き魚を熱いうちにほぐすとジュワっとするのが好きだし、しょうゆをたらしてガッツリ白いご飯と一緒に食べる幸せ、日本人でよかったと思う。

サイコロステーキ

No image
なんか連休だからどの店も混んでるので、食材買うのも苦労する。いつも夕食のメニューは食材見ながら、今日はコレにしようと決めるんですが、決めてから買いに行くほうがいいのかな。今日も混んでる中、サイコロステーキ肉だけが目に入り、とりあえず混んでるのでコレでいいやと決めてしまった・・・ まあでも好きなのでいいですけど。これはこれでうまかった。肉汁を閉じ込める肉の焼き方、自分結構得意です。 最後にブランデーでボワーっとやるんですが、うちにはブランデーがなかったので、ジンでボワーっとやった。ボワーができれば何でもいいと思った。今は反省している。 付け合せはほうれん草とにんじんのグラッセと大根おろし。にんじんは黒糖を使って茹でたんですが、なかなか風味が残って美味でした。 ※写真、ビール写ってますが撮ってるうちに泡が消えてしまった。決して飲んだんじゃないよ!

やっぱり、カルボナーラ

No image
今日の昼もカルボナーラに挑戦してみた。前回はチーズが足りなかったのでいまいちだったけど今回はマジうまでした。 ■いきなり完成品、机が届いたのでしっかり撮ってみた ■厚切りベーコンやパンチェッタをオリーブオイルで炒める ■茹で上がったパスタを入れ、生クリーム投入 ■生クリームがまんべんなくパスタを包んだらパルメザンチーズと卵の黄身をからめる(ボールの中で。火は通さない) ■で、こんな感じ 黄身が固まるとまずくなるから手早くからめて熱いうちに食べませう。

カルボナーラ

No image
今日の朝食兼昼食。ちょと多く作りすぎてお皿いっぱいになってしまった。 昨日夜遅くて買い物行けなかったので冷蔵庫の中にあるもので作れるものがカルボナーラだった。パンチェッタとか売ってる店って近くないんだよね。だから普通のベーコン。パスタはディチェコ。パルメザンチーズはクラフトw(例の緑の) パスタも本格的に作ろうとすると生パスタ自作したり、圧力鍋でゆでたりするともちもちした食感になるのでオススメです。

チンジャオロース

No image
中華料理で麻婆豆腐の次に好きな料理がチンジャオロース。なので今日の夕食に作った。 ほんとは牛肉を使いたいんだけど、今月いろいろ出費が激しいので豚肉で・・・。 強火で炒めるよ。 完成。レタスが汚くてスマソw 今回はクックドゥー的なソースで簡単に作ってしまったんですが、ちゃんと調味から作ると紹興酒とか必要なんだよね。今度作ってみる。

スタ丼の作り方

No image
スタミナ丼、通称スタ丼ですが、急に食べたくなったので作ってみた。 木村カエラが出ていた頃のTVK(テレビ神奈川)のSAKUSAKUで「国分寺のうた」という歌がやってて初めて知ったこのスタ丼。かなり簡単にできるので一人暮らしの男の料理としては定番です。 材料は刻んだネギ、豚バラ肉、にんにくおろし醤油です まず豚肉を茹でます 茹で上がったらお湯は捨てます そのあとににんにく醤油と豚肉をザッと絡めて最後にネギを投入して強火で勢いよく炒めます 一方丼にご飯をよそって刻んだ海苔をのせます 完成!もやしのみの味噌汁も定番です ブンジ!ブンジ!国分寺!と歌いながらがっつきましょう。びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ 国分寺のうたVer.3 関連リンク スタ丼本家

Favorite Post

Recent Comments