Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Category: linux

[2]Python,Django,Dockerで作るWEBアプリケーション

前回に引き続き、今回は作成したアプリケーションをDockerで動かしたいと思います。 今回利用するのはDockerHub上の公式イメージを利用します。 https://hub.docker.com/r/library/django/ なお、前回から引き続きアプリケーションを起動している場合は一旦Ctr + Cで閉じてください。また、仮想環境上にいる場合はdeactivateしてください。 Dockerfileを作る このDockerfileは同階層にあるmanage.pyを参照し起動するため、作成したmybookディレクトリにDockerfileを作り、requirements.txtにpipで入れたいパッケージを入れます。requirements.txtは箇条書きで良いそうです。 mybook/Dockerfile FROM django:onbuild mybook/requirements.txt django-bootstrap-form では、起動してみます。ディレクトリやDockerのコンテナは自分の環境に合わせてください。 deactivate #仮想環境上なら cd /

[1]Python,Django,Dockerで作るWEBアプリケーション

今回はPython,Django,Dockerを使いながらWEBアプリケーションを作って公開までの手順を備忘録として残しておきたいと思います。なお、環境は以下です。 ■開発環境(ローカル) OS:Mac Python:3.5.2 Framework:Django1.10 packages:pip8.1.2,virtualenv15.0.3,django-bootstrap-form3.2.1 SQL:SQLLite3 Git:SourceTree Docker:1.12.0 ※Dockerを使う場合は上記のインストールはbuild時に行う ■本番環境(※公開はしていません) さくらVPS 512 OS:Ubuntu16.0.4 Python:3.5.2 Framework:Django1.10 packages:pip8.1.2,django-bootstrap-form3.2.1 SQL:SQLLite3 Git:SourceTree,Bitbucket Deploy:deploybot Docker:1.12.0 DockerHub:django:onbuild ではまずPytho

DockerでさくらVPS上にLAMP環境を1から作る

最近やっとDockerを使い始めました。ちょうど一昨日あたりか、Dockerのバージョンも正式版が出たようで、今後ますます使われそう。 今回は備忘録として、DockerをさくらVPS上で1からLAMPで構築してみたので備忘録メモとして残しておきます。なお、dockerの基本的な事については細かく書いていないのでドットインストールとか参考にしてください。 今回作る環境ですが、古いのも何なので、現時点(2016/8/1)での最新版で構築したいと思います。 OS:Ubuntu16.04 php:7.0.9 mysql:5.7 phpmyadmin:4.6.3 なお、さくらVPS上でUbuntu16.04はカスタムイメージ上からインストールできますのでインストール時の設定などは省略します。自分はこちらを参考にしました。 カスタムOSインストールガイド – Ubuntu 16.04 まずお決まりのアップデートをします。 sudo apt-get update sudo apt-get upgrade sudo reboot vimをインストールしておきます。 sudo apt-get

iPhoneからSSH接続

promptというアプリを使ってます。有料で少し高いのですがとてもシンプルなので初めてでも使いやすいアプリです。 https://itunes.apple.com/jp/app/prompt-2-ssh-kuraianto-konsoru/id917437289?mt=8 アプリを開くとサーバーリストが表示されます。ここからクイック接続をタップして新規にサーバーを登録します。 クイック接続を開くと設定画面が開きます。 設定を記述します。この時認証鍵を使っている場合はパスワードの欄の鍵アイコンをタップします。 新規認証鍵で名前とパスフレーズを記入します。 すると秘密鍵及び公開鍵が保存されます。これで公開鍵をコピーします。 すでに認証されたマシンや、お使いのサーバーのWEB上のコンソールアプリなどで公開鍵を設定します。(認証鍵の作り方はこちらの記事を参照) ssh -i .ssh/id_rsa kote2@***.***.***.*** -p 10022 #ログイン ls -a #ファイル一覧 >. .. .bash_history .bash_logout .bash_profile .

さくらVPSで1からサーバーを立てる(LAMP)[1]

備忘録として。 サーバーの構築 CentOS7を流れに沿って構築(省略) サーバーの設定 さくらVPSの管理画面に入ってからインストール時に作成したユーザー名・パスワードでログイン 管理者モードにする(要パスワード) su - vimをインストール yum -y install vim SSHサーバーの設定ファイルを編集する vim /etc/ssh/sshd_config 17行目 #Port22 → Prot10022 49行目 #PermitRootLogin yes → PermitRootLogin no :wq SELinuxをインストール yum -y install policycoreutils-python ファイヤーウォールを変更 semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp 10022 semanage port -l | grep ssh #確認 # ssh_port_t tcp 10022, 22 ならOK ファイヤーウォールの設定 cp /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml /etc/fire

Favorite Post

Recent Comments