Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Category: ダイビングコラム

あるダイバーの最期

No image
ちょっとショッキングな映像ですがご紹介。 エジプトのブルーホー ルというダイブスポットで、有名なダイバー ユーリ・リプスキー氏の最期を捕えた映像。映像の最初は海面も見える浅い場所ですが、徐々に海底へあり得ない速度で沈んでいきます。最期を迎える地点は水深90m。 インストラクターの資格を持ってても海底に辿り着いたとき彼はすでにパニック状態。(なぜか途中でレギュレーターを外してる)1分間に30mという速度で海底に引きずり込まれたそうです。 ちなみに何で海底に引きずり込まれたかは不明。ウェイトのつけ過ぎなのか、サメかなんかに引きずり込まれたのか。ウェイトつけ過ぎはさすがにあり得ないと思うけど。途中でウェイトを外したり、カメラを捨てたりBCDという浮き袋の代わりになるジャケットにエアを入れたり(急浮上の危険性はありますが)できたはずです。 しかし・・・水深90mって真っ暗なんですね。怖すぎ。 ※ダイビングやってない人のために解説すると、オープンウォーターという普通のライセンスだと18mまで潜れて、kote2が持ってるアドバンスドライセンスだと潜れる水深は40mまでです。それ以上になるとテクニカ

マンタ オニイトマキエイ 復習

No image
オニイトマキエイ – Wikipediaを参考に復習してみた。 まとめると ・正式名:オニイトマキエイ ・世界最大のエイ ・サンゴ礁周辺に生息 ・全身が黒色の個体もいて、ブラック・マンタと呼ばれる ・主食はプランクトン ・頭部先端の両側の、頭鰭(とうき)と呼ばれるヘラ状の特殊な鰭の役割はエサを取るため(水の流れを変える?口に勢いよく送り込むとか?) ・普段は空を飛ぶように進む。捕食してるときは宙返りするように上下旋回することもある ・一度に1 ~2 尾の子どもを産む ・およそ5 年で成熟、寿命は20 年以上 ・沖縄美ら海水族館で飼育環境での出産世界初(でも4日後に死亡。ガラスにぶつかりそこでの傷が原因らしい) ・フィリピン、メキシコ、モザンビーク、マダガスカル、インド、スリランカ、ブラジル、タンザニア、インドネシアでは漁獲されている ・ときおり海面からジャンプする (;´Д`) ときおり海面からジャンプする!? ( ; ゚Д゚) ↑ヘ(゚∀゚ヘ)マジデスカー。飛ぶのはマダラトビエイだけかと思ってた。 この行動については謎らしいけど、寄生虫を落とすためっていうのはどうなの

超危険な魚、ゴマモンガラ

No image
この時期の沖縄にはサメよりも危険な魚がいます。ゴマモンガラという魚です。ダイバーの中ではかなり有名な奴でして、その恐ろしさを知らないととんでもない目にあいます。 危険なだけあってヤクザな顔つき。見たら一発でわかります。 以下、教えてgooより 危険な魚 ゴマモンガラについて ガイドから聞いた話だと、多くの魚が横の縄張りを持っているのに対し、ゴマモンガラは縦にも縄張り意識があるそうです。 なので、中層を泳いでいる時に、下にゴマモンガラの縄張りがあるのを知らずに通過してしまって追いかけられることがあるそうです。 7月に追っかけられているのを見たときも、急に下からゴマモンガラが出現してきました。ガイドを噛もうとしていて、ガイドは必死に追い払っていました。 かなりアゴの力はすごいらしいです。ウェットを貫通するぐらいと聞きました。 で、今回もた~くさんいたので動画で撮ってきました。遠くてちっさいですが、(ヘタレですいませんΣ(・ε・;) )遠くてもこの大きさなのでかなりデカイと思います。 「ゴマモンガラ」のビデオpowered by @niftyビデオ共有 ちなみに、ゴマモンの怖さを知らない頃の

海中ポスト交換

No image
「世界一深い所にあるポスト」交換 すさみ町の海底(和歌山)(紀伊民報) – Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000005-agara-l30 そう言えばまだココ潜った事なかった。ほんとにはがきが届くって話なのでいつか記念にと思ってるのだが。 しかしやっぱ1年も経てば汚くなるよな。 ダイビングの名所には人工物が結構沈んでる。 大瀬崎なんてプーさんやドラえもんまで沈んでたしな。ぷーさんは相当悲惨だったが。

イロブダイの幼魚

No image
沖縄ケラマで撮ったイロブダイの幼魚ですが、ネットで検索するとけっこうな人気者。みかけはかわいいし、一人ぼっちでお散歩してる姿がほんと愛らしいからね。 イロブダイの幼魚 で、ふと思ったんですが成魚はどんな魚なんだ? 調べてみたらこんな奴でした(゚∀゚;) 全然色違うじゃねーか。

11月号のマリンダイビングの特別付録に

No image
IZUwalker2005が付いてます。これ使える! 伊豆の海でよく見かける魚がいっぱい載ってます。 とは言ってもこてつはマリンダイビングは購入してません(^^; 会社で海の待ち受け画面の携帯サイトをやっててマリンダイビングの発行元の水中造形センターから毎月雑誌が送られてくるんです。今回はその携帯サイトの担当の方に頂きました(^^; にしても見た事あるけど名前が分らないっていう魚がけっこういたんでほんとにありがたい。 ところで伊豆の海でよく出会うイザリウオ。こういう雑誌に載ってるやつってめちゃくちゃかわいくないですか?でもまだかわいいイザリウオって会った事ないんですけど(^^;どっちかっていうとごっつくて恐ろしい表情で、「え!?なんでこの魚が人気者なの!??」って思ってたくらいです(;´Д`) いつかかわいいイザリウオに出くわしたいもんです。 にしても、伊豆のレアものでマンボウがいるとは知りませんでした。西伊豆で見られるらしいけど。相当幸運じゃないと見られないらしいです。いいなー、天然マンボウ見たい! 次潜る予定まだないけど早く決めなきゃ!

Favorite Post

Recent Comments