Color Selector

default niceblue intenseblue otherblue blue puregreen grassgreen green olive gold orange pink fuchsia violet red

Container Selector

Category: OW

沖縄でOW講習!6

No image
OWの講習が全て終わり、お昼ご飯。実はあと1本ファンダイブすることにしました(^^) 休憩中 お昼ごはんは沖縄ではポピュラーな「タコライス」。付け合せの「アーサー汁」がめちゃうまでした。アーサーというのは沖縄特有の海草らしいです。 http://www.fu-ku.net/menu/food/page_086.html そしていよいよファンダイビングです。写真が撮れなかったのが残念ですが、岩のトンネルをくぐったり、岩と岩の間に潜んでいるイセエビを見たり、とにかく最高でした。 帰ったらログ付け 楽しい合宿は終わり最終日、最終日は朝早くの出発だったので、まだ身体に残る波の感覚を感じながら飛行機に搭乗。 これからこてつのダイビング人生が始まるのでした。

沖縄でOW講習!5

No image
いよいよ3日目です。この日はボートで沖に出てダイビングをしました。 いざ出発! 港を出て海を眺めてましたが、はじめ緑だった海が急に青くなり、そしてさらに青くなりました。すごい透明度。 そして20分ほどでダイビングする場所に到着。場所はケラマ諸島まで行かない程度の無人島がちょこちょこある場所でした。目の前にある無人島はナガンヌ島と言うそです。 乗ってきたクルーザー ナガンヌ島 ボートからはジャイアントストライドエントリーでドボン。ボートのアンカーを結ぶ縄を辿って水底まで行きます。耳抜きが初体験でしたが、難しい!こまめにやらないとなかなか抜けない。無理して潜ろうとするとホントに痛いです。ファンダイバーと一緒だったので、みんなはどんどん潜って行って焦ったりしました。それで余計に抜けない。耳をこまめに抜いて、抜けなかったらちょっと上がってっていう基本の事がいかに大事か痛感。(文字通り痛感!) はじめの1本は昨日やった復習と、コンパスを使ったナビゲーションをやりました。と言ってもほんの数メートル進んで帰ってくるだけのシミュレーションでしたけどね。コンパスは使い方がよく分からない~~。本でなんとな

沖縄でOW講習!4

No image
2日目の朝、地元のダイビングショップから迎えがあり、限定水域ダイブをやりました。 普通、限定水域ダイブはプールでやりますが、近くの浅場の海で行いました。台風の影響で潜れる場所が限られていたので沢山のダイバーが集まってました。 ヨットハーバーでも綺麗な海 最初にやったのは器材のセッティング。タンクをBCDに取り付けるのが結構難しい。(今でもちょっと迷う。)セットしたら確認。ちゃんとセッティングされているかとか。実際タンクを取り付けたBCDを背負ってみます。これが意外に重く、これ背負って海潜るの結構勇気が要ります。最初は。泳げる人でも不安になるかもしれません。 そんな不安をよそにいよいよ海に向かいます。プールと違って実際の海なので流れがあり、ヨタヨタしながらのエントリー(^^;マジで怖いんですけど・・・。段々足が着かない深さのところまで到達。流れに抵抗することも、この深さではできず。し、沈む!教材で勉強した事なんかすっかり忘れて何をしていいかわかりませんでした。とりあえずBCDに空気を入れる事を思い出し入れる。スノーケルからレギュレーターに切り替え、いよいよ潜ってみる練習。 これがなかなか

沖縄でOW講習!3

No image
いよいよ沖縄に出かける日が来ました。とりあえず初日は移動だけ。台風が近づいてたためフライトスケジュールが乱れ気味。2時間くらい遅れて羽田を出発。 そして空港近くのビジネスホテルに到着。暇なので街をぶらつきお土産なんかを物色。 サンゴの加工所? さすが沖縄、シーザーだらけです vowってない? その後海を見に出かけました。空港近くなので、一面真っ青な海!とは言えなかったけど、こっちの方の海よりは断然綺麗でした。

沖縄でOW講習!2

No image
教材を読み終えた段階の頃に、都内のショップで筆記テストがありました。満点は取れなかったけど、合格点は1回でクリア! そう言えば、ダイビングの器材なんですが、こてつはこの時点では全てレンタルです。(教材もレンタルだった) ショップでライセンス取得ツアーを申し込んだら、きっと教材や3点セット(マスク・スノーケル・フィン)は購入すると思います。結局こてつもあとあと教材買いました。教材がレンタルって変ですよ。やっぱ。 器材についてですが、初めから全て揃える方が、レンタル料がかからず結果的に一番安いです。けど、最初の出費がデカイのも事実(^^; こてつの場合はOWを取ったあと、しばらくレンタルで潜り、お金がたまったら器材を2回に分けて揃えました。最初は3点セットとドライスーツ、メッシュバッグ、アンクルウェイトなど。そしてまたお金をためて最近、BCD・レギュレーター・オクトパス・ダイコンを揃えました。 最初に器材を揃える長所は、この先もブランクを空けずにダイビングをし続けることが出来ます。やっぱりせっかく買ったんだから潜りに行かなきゃ損だから。レンタル使う人よりはその思いは強く出ます。あと身体にフ

沖縄でOW講習!1

No image
こてつは沖縄でオープンウォーターのライセンスを取りました。 ショップは利用せず、ネットでライセンス取得ツアーを探し、それに参加しました。一人で行ったのですが、今考えると、近くのダイビングショップを利用した方がダイビング仲間ができるので、こっちの方が初めてダイビングをやるにはいいと思います。一緒にOWライセンスを取ったという事で思い出になりますしね。 こてつの場合は、ネットでツアーを申し込んだらまず教材一式とスケジュールが送られてきました。ツアーまでに学科テストを終わらせて、沖縄ではダイビングのみをやります。 学科のテストは車の教習と同じような感じです。マニュアルをよく読んでいれば大丈夫だと思います。難しいところは、RDPを使って、ダイビング中の体内の窒素量を調べるシミュレーションかな。ビデオ教材もありますが、これは何回も見直しました。見てるうちに「早く潜りたい!」という思いが日に日に大きくなります(^^;

Favorite Post

Recent Comments